レクサスの中古車買取情報

レクサスについて

レクサスは、1989年にトヨタがアメリカで立ち上げた高級車ブランド。北米の高級車市場に参入するために、新しい世代の富裕層が購入していたメルセデス・ベンツ、BMW、アウディのドイツ御三家の高級車イメージを徹底調査。従来のトヨタイメージではなく、新しい海外ブランドを立ち上げ、それまでの伝統や威厳といった旧態依然の高級車イメージを一蹴した。ドイツ車的な高品質と、日本車としての信頼性の高さを併せ持ち、北米では高級感がありながらもドイツ御三家の高級車よりも安い価格で購入できるとあって大成功を収めた。北米でのこの成功をもとに、欧州をはじめ現在では世界65ヵ国に進出。2005年には日本でも販売を開始、レクサスブランドを立ち上げた。そのデザインコンセプトは、象徴的なスピンドルデザインを採用したフロントグリルや、日本人の感性や匠の技を随所に取り入れた独特の意匠としている。レクサスオーナーを満足させるために工夫されたサービスは、これまでのトヨタチャネルには見られない斬新な内容で、「ときめき」「おもてなし」「やすらぎ」をブランドコンセプトとして掲げ、最高級の接客とアフターフォローを身上としている。

lexus

レクサスの中古車買取に関する情報

数あるレクサス車の中でフラッグシップカーに位置づけられているのが、LS。年次改良を加えており、2012年のフルモデルチェンジでは、大きくそのイメージを一新した。LSの中でのトップグレードが、ハイブリッドLS600hL。アメリカ車やドイツ車にない、日本特有の感性や高級感をもクルマの性能として取り込み、細部にまでこだわった品質や快適性、静粛性を売り物としている。加えて、オーナードライバーズカーとしての品格を併せ持ち、後部座席をVIP仕様にしたのも人気の一員である。ハイブリッド仕様車はV型8気筒5.0Lエンジンを搭載。エンジン部、モーター部共にパワフルな走行性能を備え、さらなる静寂性を生み出している。またレクサスは、各モデルにスポーツタイプを設定。その車種判別は、ネーミングの末尾にFをつけて区分している。その中でもFモデル専用車としているのが、RC F。LSと同じV型8気筒5.0Lエンジンを搭載。スポーツモデル用にチューニングし、最高出力はさらに高められている。

レクサス中古車買取査定のポイント

レクサスは、ドイツ御三家と同等クラスの販売価格でありながらも、その買い取り価格は、信頼のあるトヨタ車にも係わらず大幅な下落率を示している。中古車市場ではレクサスと同クラスの場合、他の輸入車にも需要があるため、買取価格は比較的高いものの、新車販売時の価格と比べた時の買取価格は意外と安い価格となる。そのもっとも顕著なのは、フラッグシップモデルとなるLS600。ハイグレードのハイブリッドLS600hLでも、1回目車検前の3年落ちの良い車種が半額に近く、レクサスLSは早めに売却した方が高値を期待できるといえる。レクサスの中で、比較的買取価格の下落率が低いのは大型SUVのRX。2013年のフルモデルチェンジをした現行モデルであれば、ハイグレードのエアサスペンションモデルや車検残があることで、プラス査定の要因となる。その下位グレードの中型SUVのNXは2014年に発売されたモデル。中古車に出回り始める2016年以降は中古市場で競合車種となり、RXの更なる中古車価格の下落が予想される。さらに小型のCT200hは、欧州カテゴリーの激戦区、Cセグメントに属するハイブリッド専用車だが、2011年の発売と比較的新しく、高値買取の傾向が続いている。

レクサスの中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県