フォルクスワーゲンの中古車買取情報

フォルクスワーゲンについて

ヒトラーの提唱に基づき、フェルディナント・ポルシェ博士が1934年に後のフォルクスワーゲン・タイプ1となる流線型のリアエンジン小型車を開発。フォルクスワーゲンの社名は、ドイツ語で「大衆車」を意味する。第二次世界大戦後は、日本でビートルと呼ばれるタイプ1が世界中に輸出され、四輪自動車としては世界最多の生産台数を誇る伝説的大衆車となった。1970年代には前輪駆動化を進め、ベストセラーとなるコンパクトカーのゴルフを発売して躍進。現在では高価格帯のSUVやセダンもラインアップするなど、高級車メーカーとしての側面も持つ。主に一般的な街乗りを想定しているため扱いやすいエンジン特性ではあるが、高速域で確実な安定性を発揮する基本性能の高さを備えている。2015年にディーゼル車の一部車種の排出ガス規制不正問題が発覚し、業績への悪影響は長期間に渡ると懸念されている。

vw

フォルクスワーゲンの中古車買取に関する情報

モデルチェンジにおいてはそのネームが消えていくことも多いが、フォルクスワーゲンのビートルについては自動車史において最も長い歴史を持つネームのひとつとして知られる。現在はニュービートルからザ・ビートルへと変わったが、タイプ1の全体的な形状を維持して凛々しいスタイルとカラフルな12カラーに生まれ変わり進化を遂げている。一般大衆車カテゴリーで人気の高いゴルフは派生車種が多く、ミニバンタイプのトゥーラン、ワゴンタイプのヴァリアントを有し幅広いニーズに応える顔ぶれとなっている。またハッチバック型のUP!に次いでコンパクトなボディを持つポロは、ヨーロッパではBセグメント、日本では5ナンバーサイズ(小型乗用車枠)に収まり販売台数も堅調。コンパクトカーながらも、高いユーティリティとフォルクスワーゲンらしい走行性能と最大級大容量のラゲージルームが大きな魅力となっている。

フォルクスワーゲン中古車買取査定のポイント

燃費ならTSI、走行性能ならGTIとユーザーに人気のゴルフシリーズ、特徴的なフォルムに定評のあるビートル、大型SUVのトゥアレグが高い人気を集めている。フォルクスワーゲンならではの遊びのあるデザインや堅実な走行性能にファンも多く、旧モデルであっても一定の査定が期待でき、全体的に外国車の中でも豊富な車種が揃い流通量が多いメーカーなので安定した買取が望める。しかし同社製ディーゼル車の中古価格が大きな打撃を受けたアメリカほどではないものの、中古車市場への影響は否めない。ただフォルクスワーゲンは、アメリカで排ガス不正車の買い取りや顧客に対する補償に充当するため和解金を拠出することになり、ゴルフ、ビートル、ポロも、日本では新車販売台数が回復基調にある。全般的に今後の動きは不透明だが、人気車種が揃っているだけに価格相場には注視していく必要がある。

フォルクスワーゲンの中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県