ボルボの中古車買取情報

ボルボについて

ボルボはスウェーデンを本拠とする企業グループで、1927年に乗用車製造を開始。以来、一貫して「ボルボ設計の基本は常に安全でなければならない」という理念のもと、安全装備の開発、事故調査の実施と設計へのフィードバックを行うなど、車の安全性開発において世界をリードし続けている。そしてボルボが開発した数々の安全装備の技術は世界中に提供され、多くの国で法定整備にも利用されている。安全装置の基本ともなる「3点式シートベルト」は、50年前にボルボの開発による安全技術。ボルボはこの特許を無償で公開し、世界の自動車メーカーが装備できるようになった。 もちろん高いレベルな安全性に加え、燃費・環境性能と高出力を両立。定評あるスタイリングやドライバビリティからS60やV60が日本のユーザーにも広く受け入れられている他、プラグイン・ハイブリッドEVも積極的に展開している。

volvo

ボルボの中古車買取に関する情報

伝統的なスタイルと先進の安全技術が息づくボルボは、ヨーロッパメーカーの中では比較的狭い範囲のセグメント内で販売しているが、各セグメントで他メーカーと差別化を図り独自路線で個性を発揮している。フラッグシップ7人乗りSUVのXC90は、スウェーデン史上最大級となる110億ドル(約1兆3,000億円)もの投資による一連の構造改革から生み出された最初のモデル。核となる新プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー(SPA)」は、安全性の劇的な向上はもとより、新時代の電動化や自動運転を見据えたものである。また2013年の登場以来、シャシー改良、新インフォテイメント採用、エンジンラインアップ刷新と段階的な進化を遂げてきたのが、日本におけるベストセラーモデルV40。ボルボ特有の先進安全装備をポイントに、個性豊かなプレミアム・ショートワゴンの地位を確立している。

ボルボ中古車買取査定のポイント

中古車市場においては、ステーションワゴンやクロスオーバーSUVに人気が集まっている。車種別では、四角い外観の700、900、800シリーズの人気も根強いが流通量は減少傾向。V40、V50をはじめとする新世代ワゴンのVシリーズ、そしてSUVのXCシリーズの人気が高く、流通量も多いことから相場価格は堅調に推移している。特に先進のミリ波レーダーとデジタルカメラを利用し危険を検知してドライバーに警告し、衝突の危険を検知するとオートブレーキを作動させる「シティ・セーフティ」といった先進の安全装備を備えている場合、買取においては有利に作用する。全体的にセダンの人気はそれほど大きいものではなく、これはボルボのステーションワゴンやクロスオーバーSUVがレジャー用途など実用性の高さから利用されているのに対し、セダンはオーソドックスで少し堅いイメージが影響しているのかもしれない。

ボルボの中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県