トヨタの中古車買取情報

トヨタについて

トヨタは、1933年に豊田自動織機製作所(現在の豊田自動織機)に開設された自動車部が起源である。1937年に独立した新会社「トヨタ自動車工業株式会社」となり、現在に至っている。トヨタは、フォルクスワーゲングループと同様に、年間販売台数1000万台以上を生産する世界最大の自動車メーカーとして君臨。ダイハツからの軽自動車OEM供給をはじめ、コンパクトカーからセダン、ミニバン、SUV、スポーツモデルにまであらゆるラインナップを誇り、車種の多彩さでは世界の自動車メーカーの中でも追随を許さない。加えて、ハイブリッド車や燃料電池自動車など新しい分野にも挑戦し、世界に先駆けて量産市販車となったハイブリッドカー「プリウス」や、さらに未来を見据えた水素を使った水素燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」を、2014年に発売。環境問題、社会貢献は積極的な対応を見せている。

toyota

トヨタの中古車買取に関する情報

トヨタを代表する車種として、日本の高級車ブランドでもあるクラウン。車種構成として、高級志向からスポーツセダンまで設定している多彩なバリエーションが大きな特徴。従来からのクラウンオーナーに向けたロイヤルシリーズ。新たなる市場を開拓する目的のアスリート、快適性をさらに高めた最高級車のマジェスタがあり、3車種すべてにハイブリッドシステムを設定。トヨタの技術力を象徴している。2012年に発売された現行車で14代目。2015年にクラウン60周年を迎え、特別仕様車「空色edition」と「若草edition」のモデルを限定発売している。車内は日本車的な印象を持つ豪華仕様で、木目調パネルを多用し、クラウンオーナーであることに至福の喜びを持たせることが大きな特徴となっている。一方、カローラもトヨタを代表する車種のひとつ。1966年に初代が発売され、2013年には累計生産台数4000万台を達成、160ヵ国で販売される世界戦略車でもある。2015年にマイナーチェンジし、現行車で11代目。徹底して5ナンバーサイズの大きさを継承し、今尚セダンタイプのクルマを作り続けている。

トヨタ中古車買取査定のポイント

トヨタ車は、その高い信頼性から、中古車市場でも比較的全車種にわたって高値傾向にある。またトヨタオーナーは買い替えのサイクルが早く、走行距離がとくに短く、車種の年式が新しいのも大きな特徴。その中でも買取価格が特に高いのは、2015年にフルモデルチェンジしたアルファードとヴェルファイア。一般的に新発売前の車種は買取価格が大幅に下落するが、アルファードとヴェルファイアは下落幅が少なく、ほとんどモデルチェンジの影響を受けていない。型落ちしても内装の豪華仕様が欲しいという、中古車市場の需要を底支えしているとも言える。その他の車種ではハリアーやランドクルーザーはやや高値傾向。ハイブリッド車のプリウスとアクアは、安定した買取価格で推移。ヴィッツも高値で買い取られている傾向。その中でも、マークXだけは不人気車種で、走行距離が短くても下落幅が大きい。

トヨタの中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県