スズキの中古車買取情報

スズキについて

スズキは、1909年に「鈴木式織機製作所」として静岡県浜松市で創業。1954年に鈴木自動車工業株式会社、1990年にスズキ株式会社と改称した。軽自動車を中心にクルマやバイク、モーターボート、船外機や発電機などの生産を手がける。軽自動車は30年以上にわたり国内市場トップシェア誇っており、永年ダイハツとのライバル関係にあった。近年では、アクティブな若年層を狙ったクロスオーパーSUVのハスラーが大ヒットし、トップのシェアを再び奪還した。スズキが軽自動車界のNo.1となったきっかけは、1998年に発売されたワゴンR。男性女性を意識せず、誰でも楽しく乗れ車室が広い設計を模索。セミボンネットタイプのトールワゴンという新しいカタチはその後、軽自動車だけでなく小型車やミニバンにも大きい影響を与えるほど革新的なデザインへと発展していたった。現在のスズキは、脱軽自動車宣言を掲げ、1000cc~1300ccクラスの小型車・普通車の開発・販売に力を注いでいる。

suzuki

スズキの中古車買取に関する情報

今まであった軽自動車デザインの流れを大きく変えた、ワゴンR。そのワゴンRが作り出したトールワゴンという新ジャンルは、現在も軽自動車の主流コンセプトとなっている。1993年に初登場したこの車種は、2012年に発売された現行車で5代目、変わらぬ人気を誇っている。この他、ジムニーなど軽自動車でのヒット作を次々と生みだしたスズキだが、現在は小型車や普通車クラスに力を注いでいる。その代表車が、コンパクトハッチバック・1200ccのスイフト。2000年に発売され、その後2004年フルモデルチェンジされた2代目から大ブレイク。日本では軽自動車のメーカーとしての印象が強いスズキだが、世界的にはこのスイフトが、スズキの最大の主力車種。現車は日本に留まらず、世界中の市場を視野に置いて作られていることもあり、その基本性能の高さは高く評価されている。2010年登場の3代目は、早くも世界累計販売台数200万台を達成する勢いを見せている。

スズキ中古車買取査定のポイント

軽自動車界の両雄、スズキとダイハツ。そのトップシェア関係が変わろうとしている。最近では、軽自動車販売台数をダイハツに譲ってまでも、小型車関連のシェアを伸ばそうとしているスズキ。この営業戦略の後押しをしているのが、コンパクトハッチバックカーのスイフトである。好調な売れ行きを推移しているが、ヴィッツやフィット、デミオなどの他社ライバル車も多く、販売価格が高い分、買取価格の下落率は大きくなっている。軽自動車ではトールワゴンの火付け役となったワゴンRが、依然と高値傾向にある。他車軽自動車では、軽クロスカントリーSUVのジムニーが、いずれも年式と走行距離に応じた平均的な買取価格の相場となっている。他社の軽自動車では買取価格がつかないような古い状態でも、数十万の相場となっており、ジムニー自体がタフな軽クロカンであるという証になっている。因みに、兄弟車のジムニーシエラも同じく人気車種となっている。

スズキの中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県