スバルの中古車買取情報

スバルについて

スバル(富士重工業株式会社)は、戦前の航空機メーカーである中島飛行機をルーツとする。元航空技術者たちが、航空機造りをベースにした独創の発想により従来の発想に囚われないユニークな自動車を何台も送り出してきた。それを象徴するのが、軽自動車のスバル360である。現在、年間販売台数は100万台前後と最小規模の自動車メーカーでありながらも、スバル車には長年積み重ねられた2つの独創技術が搭載されている。それが、①水平対向エンジンと②4輪駆動の独創技術。水平対向エンジンは左右のエンジン重量が均等になることから4WDとの相性も良く、水平対向エンジンをフロントに縦置き搭載して四輪を駆動する「シンメトリカルAWDレイアウト」を主体とした販売ラインアップを敷いている。小規模量産メーカーでこれだけファンがつくのも珍しく、販売台数は好調で、売上も伸びている。また2017年にはSUBARU(スバル)に社名変更することを発表している。

subaru

スバルの中古車買取に関する情報

国内自動車メーカーとしては、もっとも小規模でありながらも、営業利益率は多大な結果を残してきたスバル。独創の水平対向エンジ+4輪駆動の技術力が高く評価され、そのシステムを搭載したフラッグシップカーとして、レガシィが挙げられる。その名前を広めたレガシィ・ツーリングワゴンは、レヴォーグとネーミングを変えて販売され、現行車はセダンタイプのB4とクロスオーバーSUVであるアウトバックの2タイプに変更されている。また、レガシィと並んで北米などで高い人気を集めているのが、フォレスター。この車種もまた、水平対向エンジン+4輪駆動のメリットを生かしたクロスオーバーSUVとし、都市部のオンロードだけでなく山間部などのオフロードでも自分が描いた通りのコーナリングをトレースすることを可能としている。

スバル中古車買取査定のポイント

知名度の低さやその無骨なデザインにより、一時は低人気ではあったが、スバル独創の水平対向エンジン+四駆システム、加えてアイサイトなどの安全装備が高く評価され、全車ともに一般的な買取価格の相場に落ち着いている。その中でも高値安定値を見せているのがWRX。元々はインプレッサのスポーツバージョンとして販売され、インプレッサの基本仕様を改良してエンジンと足回りを強化したスポーティカーである。現行車のセダン、先代のハッチバック共に中古車市場では比較的購入しやすい価格でハイスペックを満喫できるため人気車種になっている。ライバルだった三菱車のランサーエボリューションが終売した現在、WRXの高値傾向は続くことが予想される。スバル車全体として、車買取業者や中古車販売買取業者は、このメーカーが頑丈であることを知っているため、10年10万kmを超えた車種でも買取価格を上乗せしてくる傾向にある。

スバルの中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県