ポルシェの中古車買取情報

ポルシェについて

ポルシェは、フォルクスワーゲン・タイプ1の設計で有名な技術者フェルディナント・ポルシェの息子フェリー・ポルシェにより1947年に設立された。以降、主に高級スポーツカーとレーシングカーを開発・製造し、速いクルマの代表のように見られるが、その速さに見合う安全性・安定性などを兼備した総合性能の高さが評価されている。中でも1963年に発売されたポルシェ911は脈々とその型番を受け継ぎ、水平対向エンジンにRRという独特のレイアウトを守り続ける不動の名車である。一時、経営危機があったものの、ボクスターやカイエンが次々にヒット。モータースポーツにも非常に積極的で、F1やル・マン24時間をはじめ数々のスプリントレースや耐久レースで輝かしい歴史を刻んでいる。最近では、ダウンサイズドエンジンの世界的な風潮に合わせるなど新機構を導入し、スポーツカーメーカーとして変化を遂げている。

porsche

ポルシェの中古車買取に関する情報

販売車種の主軸は依然として伝統的な911シリーズで、さまざまなバリエーションを派生させ数々の名車を生み出している。中でも、次世代911として歴史上初のターボ化を果たしたカレラはあまりにも有名。またスポーツカーだけでは新規市場の開拓ができないことから高級SUVのカイエン、メルセデス・ベンツSクラスに匹敵する4ドアラグジュアリーセダンのパナメーラなどで市場を広げ脱・スポーツカー依存を図っている。SUVやセダンといっても、さまざまな純粋スポーツカーのテイストが息づいている点がポルシェのポルシェたる証。他車とは一線を画す、ポルシェらしいエキサイティングなドライビングフィールが味わえる。革新を続けるロードスターである718ボクスターやシート/4WDシステムのマカンが、好調な業績を牽引役となり、今後もスポーツカーだけではない新しいポルシェの姿を見せていくだろう。

ポルシェ中古車買取査定のポイント

圧倒的な高級感とハイパフォーマンスがもたらす、所有する人生の楽しさと充実感が味わえるポルシェ。量産スポーツカーメーカーであるポルシェは多彩な車種を販売しているが、走行距離2万km以内であれば比較的高値で買い取られる。911カレラなどは、走行距離7〜8万kmになると大幅にダウン。安くなる理由は、日本での正規ディーラー網も発達して比較的維持しやすくなっているとはいえ、やはりメンテナンスと修理費が高くついてしまうこと。また同じ走行距離車種でも、左ハンドルであれば海外へ輸出できることから高値がつくと言われている。古い車種になるほど高値がつくのも独特の傾向。911は1998年から996型水冷エンジンになったが、ポルシェファンにはそれ以前の空冷式を好む人が多く、20年落ちとなっている最後の空冷エンジン搭載993型は、コンディションにもよるが現在でも高値で取引されている。

ポルシェの中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県