日産の中古車買取情報

日産について

日産は、1933年にダット自動車製造と石川島自動車製作所が合併して設立された、自動車工業株式会社が起源。古くから「技術の日産」といわれ、走りに関しては秀でた認識があったが、経営面ではあまり芳しくない状況が続く。1999年、仏ルノーとの資本提携。現在、日産はルノーの連結子会社となっている。特に北米に強い基盤を持っており、販売台数ではトヨタに次いで国内第2位の実績がある。トヨタに次ぐ北米での販売成績が総合的な売上げ実績につながっていると言える。日本国内では、ホンダに販売台数を抜かれ、遅れを取っている感があるが、1980年代前半まで国内メーカーはトヨタと日産のライバル関係が長く続き、販売台数でも僅差であった。トヨタのハイブリッドカーに対抗して発売した電気自動車のリーフは、電気充電設備のインフラが進まず販売台数が伸び悩み、今後さらなる苦境が予測されている。最近では、スズキや三菱から軽自動車のOEM供給を受けている。

nissan

日産の中古車買取に関する情報

日産を代表する車種としては、高級乗用車のセドリックとグロリア。世界のスポーツカーマニアを魅了したフェアレディZなど。ルノー傘下となってからはポピュラーな車作りに徹している。その中でも、根強い人気を保っているのがスカイライン。2014年に発表された現行車で、13代目。4ドアの他に日本車では例を見ない2ドアクーペも継続してラインナップに設定。全グレードにハイブリッド車を用意している。また日産車の中で一際輝くのがGT-R。かつてはスカイラインのハイスペック車として位置づけられていたが、2007年からはスカイラインより独立、単独ブランド名で製造されている。基本的な走行機能だけでなく、すべてにおいてGT-R専用パーツで作られ、世界量産車の中でもトップクラスの性能と装備を誇る。

日産中古車買取査定のポイント

かつては中古車市場でもトヨタと二分する人気を集めていた日産車。経営悪化後は中古車市場でもごく一部の車種を除いて安値傾向になっている。その中でも、日産車らしい際だった車種が高値買取の傾向にある。その代表格として、コンパクトSUVのジューク。ハイグレードタイプは、1回目の車検前に売却された3年落ちであれば、比較的高値が付く。その他には、日産を代表するスポーティカー、フェアレディZは中古車市場で安定した人気を保っている。一般的には、査定価格が付かない車種の状態でも、このフェアレディZだけは、相変わらず高値で取引されている。また、ミニバンのセレナは、平均的な相場価格を維持している。5ナンバーミニバンの競合車が多くいるのもその要因である。

日産の中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県