ホンダ Z買取

Z

こちらの車種について

  • 人気のカラー・ユーザー層

    ホンダがかつて販売していたZは、1970年から1974年まで販売されていた初代タイプと1998年から2002年まで販売されていた2代目のモデルとがあります。初代は360ccのクーペスタイルで、2代目はSUVタイプの4WD車です。

  • こちらの車種の査定・買取について

    中古車市場においては、初代モデルは当然見かけることはありませんが、2代目モデルは取引が行われています。

無料査定に申し込む

ホンダ Z の場合

概要

ホンダのZの初代モデルは1970年に発売開始されています。日本人がデザインを行い、360ccという排気量で、クーペスタイルを目指したスポーティーなボディ形状でした。 大人が4人乗れる居住空間を持ち、丸型の人の目のようなヘッドライトが特徴的で、水中メガネといった愛称でその当時の車ファンには親しまれていました。

デザイン・カラーバリエーション

1998年に発売された2代目モデルはかつてのZの名を復活させただけに過ぎないので、こちらのモデルが事実上のZの初代モデルといえるのかもしれません。

お勧めするポイント

大きな特徴といえば、後部座席の下あたりにエンジンを配置したミッドシップの4WD車という点が挙げられます。前後の重量配分に均等性が取れるので、車体全体の安定感が増すために、中古車市場においても安全性の高い車として人気があります。

月間売れ筋ランキング

  • 全車種
  • 軽自動車
  • コンパクト
  • ミニバン/
    ワンボックス
  • セダン
  • クーペ
  • ステーション
    ワゴン
  • SUV/
    クロカン
  • 軽トラック/
    軽バン

全車種 ランキング

軽自動車 ランキング

コンパクト ランキング

ミニバン/ワンボックス ランキング

セダン ランキング

クーペ ランキング

ステーションワゴン ランキング

SUV/クロカン ランキング

軽トラック/軽バン ランキング

BIGMOTORスタッフ一言コメント

各車種の長所

ホンダのZといえば、古い世代のファンであれば初代モデルをどうしても連想してしまいます。 それだけ初代モデルというのは、とにかくかっこよくてインパクトが強かった車種でした。

査定ご検討中のお客様へ

現在中古車市場においては、2代目モデルしか流通してはいませんが、その平均買取相場額については、状態にもよりますが20万円前後となっています。ただし、ターボ車の4WDで状態がよいと50万円近くするケースもあります。 思わぬ査定額が出ることもありますので、手放す際はぜひ買取査定をご検討ください。

BIGMOTORは
全国302 店舗!
ぜひ、お近くの店舗に
お立ち寄りください。 ※2019年オープン予定含む