ホンダ CR-X買取

CR-X

こちらの車種について

  • 人気のカラー・ユーザー層

    ホンダのCR-Xは、1983年から1997年まで販売されていた小型車になります。また海外では、CIVIC CRXとして販売していました。 一方、国内ではバラードスポーツCR-Xという名称が付けられていました。 その後、1987年に発売された2代目からはバラードという名称が取り除かれ、CR-Xという単独名称となっています。

  • こちらの車種の査定・買取について

    とくに2代目が出た当時には、黒色ばかりが売れてしまうという事態もあり、今のところ買取相場価格は高額となっています。

無料査定に申し込む

ホンダ CR-X の場合

概要

CR-Xが発売された1983年は、ホンダが2度目のF1に参戦した年でもあります。そのF1レースに参戦するというホンダのノウハウは、公道を走るCR-Xにも十分に生かされており、空気抵抗を極力少なくしたFF車とは思えないような低ボンネットを実現しています。そのためFFスポーツカーとして、CR-Xは若い世代に絶大な人気となりました。 また、燃費性能の面においても、50マイルカーをうたって発表されたのが初代モデルのバラードスポーツCR-Xになります。

デザイン・カラーバリエーション

さらにその1年後には、コンパクトで高性能な1.6L DOHC 4気筒・16バルブエンジンを搭載した一番人気のSiモデルも発売しています。ちなみに、このエンジンが開発されなければ、その後のi-VTECや現行のシビックターボエンジンも生まれなかったとさえいわれています。

お勧めするポイント

このモデルには、高速走行時に接地性を高めるための大型スポイラーもリアに採用しています。

月間売れ筋ランキング

  • 全車種
  • 軽自動車
  • コンパクト
  • ミニバン/
    ワンボックス
  • セダン
  • クーペ
  • ステーション
    ワゴン
  • SUV/
    クロカン
  • 軽トラック/
    軽バン

全車種 ランキング

軽自動車 ランキング

コンパクト ランキング

ミニバン/ワンボックス ランキング

セダン ランキング

クーペ ランキング

ステーションワゴン ランキング

SUV/クロカン ランキング

軽トラック/軽バン ランキング

BIGMOTORスタッフ一言コメント

各車種の長所

CR-Xで買取価格が高いのは、1600ccながらも160馬力というB16Aエンジンが搭載された後期型モデルになります。 年式が古いので市場に出回っている数も少ないのは確かなのですが、まるでターボエンジンなのか、と思わせるような加速性能は、パワフルそのものという表現がそっくりと当てはまります。

査定ご検討中のお客様へ

ちなみにその後、CR-X デルソルが発売されるのですが、それまでの間このCR-Xは、FFスポーツ界の雄としての地位を不動のものとしています。

BIGMOTORは
全国302 店舗!
ぜひ、お近くの店舗に
お立ち寄りください。 ※2019年オープン予定含む