日野の中古車買取情報

日野について

日野自動車は、トラックやバスなどの大型商業車を製造販売する、日本最大手の自動車メーカー。1966年にはトヨタと資本提携。以来、グループ企業の一つとなってからはトヨタと共同開発した最新技術をトラックに活かしていることが最大の特徴。また、日本で初めてトラックにハイブリッドを導入したのも日野である。ハイブリッドの実用化は、乗用車のブリウスよりもバスの方が早く、1991年にはディーゼルと電気モーターを組み合わせたシステムのバスが、日野から試作モデルとして提供された。また、排気量が大きい中型・大型トラックのディーゼルエンジンにも日野は、独自の技術でNOx(窒素酸化物)と黒煙の元となる粒子状物質(PM)を低減。ポスト新長期排出ガス規制もクリアしてクリーンディーゼルの認定を得ている。

hino

日野の中古車買取に関する情報

トラックやバス、汎用ディーゼルエンジンの製造販売を行っている日野は、トヨタのグループ企業であることを最大の強みとしている。小型トラックのデュトロ。最先端の新技術が盛り込まれているのが、ハイブリッド仕様である。このハイブリッドは、トヨタ車に使われているシステムではなく、エンジンとトランスミッションの間にモーターを介在させるパラレル型を使用。ガソリンエンジンよりもはるかに力強いトルクを発生し、モーターとの併用で排出ガスをもクリーン化し、積荷・集荷工場の環境保護にも役立っている。中型トラックのレンジャーにも、最先端のハイブリッド車種を投入。ドライバーの運転疲労軽減の装備を多く搭載し、その一例として、インパネの上部を低くして視認性を高め、ホールド性能の高いシートには、エアサスペンションやアームレスト、ランバーサポートを装備する快適仕様としている。

日野中古車買取査定のポイント

日野の中型・大型トラックのシェアは、40年連続してNo.1の座を保持している。トラック全般として、基本骨格にエンジンを搭載した汎用シャーシ+用途別の架装を組み合わせての販売になる為に、トラック個々の新車販売価格が明記されていないのが通例となっている。中古車販売は、前オーナーによって架装された状態での販売になるため、年式や走行距離、最大積載量や駆動輪の数が異なることで、トラックの個体差が大きく生じ、相場価格は中々確定しないのが実情となっている。しかし、日野の小型・中型・大型トラックの中古買取価格は、永年の実績やその信頼できる最新技術や、トヨタのグループ企業などから全般的に高値傾向にあり、価格に見合う実力と稼働力は十分に備えていると言える。

日野の中古買取査定相場

簡単!
最短16秒

無料ネット査定お申込み

※全て入力必須です。

査定するクルマの情報
メーカー名
車種名
年式
走行距離
お客様情報
お名前(かな)※全角ひらがな

※全角ひらがな

電話番号
都道府県